資源管理・環境保全
トップページへ 糸島漁協について イベント情報 糸島の漁業
糸島のさかな 漁協直販市 リンク
@ハマグリ(加布里)
 加布里には干潟があり以前より海苔養殖産業等を営んでおりましたが、加布里漁協での主となる漁業は小型底曳網漁業(えび漕ぎ)でハマグリ貝掘りは漁業高齢者の予備的な漁業として、干潟には一般の貝掘り客が多数来ておりました。
 その当時、一般の貝掘りが稚貝まで取り尽くしてしまい、ハマグリ自体が絶滅寸前にまでなっておりましたところ、平成8年頃から多数の稚貝が見られるようになり、資源の管理と漁業高齢者の維持のため前原市や前原警察署の協力により一般を規制する事と致しました。
 また、漁業者自身も取れるだけ取るのではなく、捕獲サイズ・捕獲量を制限し、漁場についても干潟が狭いので3箇所に区分けする事と致しました。
 捕獲サイズは、平成9年当時で4.2cmサイズが振り落ちる金網を用意して篩いにかけるようにしました。(県が定めるサイズ4cm)
 漁獲量は1日1人あたり15kgとして制限しましたが、漁業者自ら10kgに制限を強化しました。
 なお、篩いより落ちたハマグリおよび捕獲制限以上のハマグリは漁場に再放流しています。
 漁場は、1年で2箇所を順周して使用し、1箇所は1年休業させる事とします。
 再放流するハマグリは休業させる漁場に放流し、翌年に向けて成長させるようにします。
 また、組合員により干潟に散らばるゴミやカキ等の貝殻の除去清掃を定期的に行い、稚貝の育つ環境を人為的に作る努力をしています。
 この様に、少ない資源を末永く守り続けるためには国や県が定める基準以上の基準を自主的に規制管理を行い守っていくことが大事なことだと思います。また、この取り組みが漁業者の維持にも役立っていると思われます。 


A採芥藻(姫島)
 採介藻においては、密漁監視施設建設に伴い、姫島地区周囲の海域(地先)を9つに区切り、毎年2箇所の操業禁止区域を設け、アワビ、赤うに、サザエ等の資源を対象に自主的に育成保護を行っている。
 また、関係者においては、各磯根資源の操業期間を従来県の条例期間よりさらに規制をするなど地区ごとに取り組んでいる。
 糸島漁協(野北支所)においては密漁監視船を保有しており、今後合併を期に広域的に活用し、さらに効果を高めていきたい。
 さらに、種苗放流についても、平成13年度より一括購入を行うと共に、各支所の稚貝放流に対し、効率的な放流手法を水産海洋センターと共に行っている。
Bアオリイカ産卵礁の設置(野北、芥屋、姫島支所)

糸島漁協内では、水イカを対象とした漁業は、桝網、釣り漁業、建網があり、3地区において数年前より水イカ(アオリイカ)産卵礁の設置を行っている。 
 漁協青壮年部を中心とし、毎年5月に山林より芝の枝を切り出し、各地区数箇所に設置し、水イカの繁殖保護と地先の分布状況など調査研究を行っている。
Cトラフグ稚魚中間育成及び放流(姫島)

姫島地区においては、フグはえ縄の繁殖保護を目的とし、昭和63年より、中間育成を行っている。
 福岡県栽培漁業公社において人工孵化されたトラフグの稚魚(2〜3センチ)を姫島漁港内で約40日間(1日/3回投餌)の中間育成を行い、約13センチに育てたトラフグ稚魚(6千〜8千尾)を地区の幼小中学生、教師、漁協、海洋センターと放流を行うとともに、放流後の追跡調査を行っている。 例年、フグはえ縄漁業では、過去に放流された約20%のトラフグが漁獲されていて、放流魚による産卵効果に期待を寄せている。

糸島漁協では、以下のような資源管理に取り組んでいます。

D ガンガゼ駆除作業(糸島内の磯場)

写真貼付




         只今、作成しております。
         しばらくお待ち下さい。